タッピング用、ボルト用研削、成形部品転造ダイプレートの小畠鉄工所 トップ タッピング用、ボルト用研削、成形部品転造ダイプレートなら小畠鉄工所にご相談下さい
  タッピング用、ボルト用研削、成形部品転造ダイプレートの小畠鉄工所 トップ サイトマップ Go to English Page
タッピング用、ボルト用研削、成形部品転造ダイプレートの小畠鉄工所 トップ
技術情報
タッピングプレート
マシンプレート(ボルト用)
同時転造プレート
フォーミングプレート
フォームローリング工法
システムフロー
小畠鉄工所からのお知らせ
会社概要
採用情報/提携企業募集
お問合せ/見積依頼
 
ご挨拶 ネジ金型の小畠鉄工所 会社概要
ご挨拶 | 会社概要 | 沿革 
今日、日本は世界でも有数の技術大国であり、
国内で生産された高品質な製品は世界中のあらゆるところへ輸出され、
人々の信頼と支持を得ております。
そしてこれらの製品に於いて欠かせないのが、高水準な部品産業であり、
更にその製造を支えているのが我々精密金型の技術者です。
私たちは、日本の基幹産業を支える技術者の中でも
とりわけ水準の高い技術者集団としての誇りを持ち、
日々新しい技術に挑戦し続けております。

代表取締役 小畠 浩次
↑ページトップに戻る 
会社概要
名称 株式会社小畠鉄工所
所在地 〒579-8014 大阪府東大阪市中石切町7丁目4番51号
TEL/FAX TEL:072-988-6751/072-988-6752
FAX:072-988-6753
創業 1947(昭和22)年1月
設立 1959(昭和34)年4月
資本金 1,000万円
従業員 30名
事業内容 ネジ転造平ダイプレート
・タッピング用ダイプレート
・ボルト用研削ダイプレート
・成形部品転造(フォームローリング用)ダイプレート
精密ゲージ、プロファイル研磨加工
関連会社 株式会社小畠ツールテック
取引銀行 近畿大阪銀行東大阪中央支店
三菱東京UFJ銀行大阪京橋支店
三井住友銀行京阪京橋支店
南都銀行石切支店
↑ページトップに戻る 
沿革
1947.1 大阪市城東区鴫野西1丁目17-9において小畠信太郎が
ネジ関連機械の製造及び修理を生業とし、小畠鉄工所を創業。
1955.5 ネジ転造ダイプレート製造販売開始。
1959.4 個人経営から法人組織に改組、株式会社小畠鉄工所とする。
資本金500,000円。
1960.4 ネジ製造部門を増設しローリング工場新設。
1961.4 ヘッダー部門を増設しヘッダー工場新設。
同年ネジ製品の輸出開始。
1967.6 資本金2,000,000円に増資。
1967.8 ネジ転造ダイプレート工場増設。
1968.6 資本金5,000,000円に増資。
1969.6 資本金10.,000,000円に増資。
1971.2 ネジ転造ダイプレート工場増設。
1973.7 自社ネジ加工の同時転造化に成功し、省コスト化を実現。
同年、同時転造ダイプレート販売開始。
1980.9 フォームローリング工法開発開始。
1982.3 フォームローリングプレートを自社のネジ転造製品に供給。
1987.6 販売管理にコンピュータ導入。
1988.6 フルスレッドスクリュー用プレートの特許取得。
1989.4 小畠信太郎、代表取締役会長就任により小畠浩次 代表取締役社長に就任。
1991.5 創業者小畠信太郎の他界により小畠正行 代表取締役会長に就任。
1995.6 東大阪市今米に工場移転。
大阪市城東区の3工場の集約により効率化を図る。

1997.1

 

営業・販売部門を分離独立し株式会社小畠ツールテック設立。
資本金10,000,000円。
1998.6 販売及び工程管理の自社ソフトによる完全コンピュータ化。
1999.6 ボールジョイント同時転造プレートの特許取得。
2000.2 形状の安定化に伴い、CNCプロファイル研削盤1号機導入。
2001.6 アメリカ・ワイヤーショー出展。(アメリカ クリーブランド)
2002.3 ヨーロッパ「ファスナーテクノロジーインターナショナル」誌に
弊社のフォームローリング工法が掲載される。
2002.4 ヨーロッパ・ワイヤーショー出展(ドイツ デュッセンドルフ)
2003.5 自社開発ソフトによるCAD/CAMフライス盤導入。
2004.6 自社開発ソフトによるCNC研削盤導入。
2005.8 自社開発ソフトによるCAD/CAMフライス盤2号機導入。
2006.2 再び、ヨーロッパ「ファスナーテクノロジーインターナショナル」誌に 弊社のフォームローリング工法が掲載される。
2006.4 ヨーロッパ・ワイヤーショー出展。(ドイツ デュッセンドルフ)
2007.8 東大阪市中石切町に新社屋完成に伴い、本社・工場移転。
2008.4 ヨーロッパ・ワイヤーショー出展。(ドイツ デュッセルドルフ)
2008.4 タップタイトのライセンス取得。
2008.4 タップタイトライセンスミーティング出席(スイス チューリッヒ)
↑ページトップに戻る 
弊社ホームページへのリンクについて
当サイトはリンクフリーです。下のバナーをお使いください。
リンクの際にはご一報頂けると幸いです。

リンク先 http://www.kobata-iw.co.jp/
バナー(180 x 50 pix) バナー(120 x 30 pix)
バナー大 (180 x 50 pix) バナー小 (120 x 30 pix)
Copyright (C) 2006 Kobata Iron Works Co., LTD. All Rights Reserved.